So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

お出掛け三昧

2月はイベントがいっぱいで、土日はお出掛け三昧でした。
ようやく落ち着きました。

1日(土)は、サービスデーなので映画を見に行きました。
「ナイブスアウト」というミステリー映画です。
主演は007のダニエル・クレイブ。
本格的な謎解きミステリーで、面白かったです。私の好みど真ん中。
原作があるのかと思ったら、監督のオリジナル脚本だと知って、ますます好きになりました。

2日(日)は、月に一度の俚謡の勉強会。

そして8日(土)は、佐野元春のライブに行きました。(渋谷公会堂)
これはパパに「チケットを取ったから行こう」と言われ、出かけました。
てっきり佐野元春のコンサートかと思いきや、いろんなアーティストが出てきて、佐野元春の歌を歌うというものでした。
最後に本人も出てきて3曲ほど歌ったのですが、最初から出てくるとばかり思っていたから「あれ?」って感じ(パパもそう思ったらしい)
だけど全部知っている歌だったし、それぞれのパフォーマンスも素晴らしかったし、なかなか楽しかったです。

9日(日)は、実家へ。

11日(火)は、知り合いのカフェで「ケーナ」のコンサートがありました。
ケーナと二胡とギターのアンサンブル。
素敵な響きに酔いしれました。1年ぶりの友人にも会えたし、奏者の方たちと交流も出来て楽しかったです。

15日(土)は、娘に誘われて演劇を観に行きました。
「泣くロミオと怒るジュリエット」という舞台です。
主演、桐山照史・柄本時生 他にも段田安則、矢島智人、橋本淳、元木聖也など、有名な俳優さんがたくさん出ていました。
ロミオとジュリエットが元になっていますが、舞台はどう見ても戦後の大阪(全編関西弁)。
そしてキャストに女性はいません。ジュリエット役は、柄本時生です。
つまり、男優が女性役をやっています。
笑いあり、涙あり、原作のストーリーを変えることなく、うまくアレンジしていました。
戦争の悲惨さや、人種差別なんかも織り込まれて、とてもいい舞台でした。
演出が最高でした。
主演がジャニーズだからか、9割が若い女でした。
私、浮いてなかったかしら。。。

KIMG1449 (1).JPG

そして最もハードだったのが、
16日(日)です。
この日は友人に誘われて(招待)、「フォアレーゼン」という声優による朗読劇を観に行きました。
何の予備知識もなく観に行きましたが、なかなか楽しかったです。
今どきの声優さんはイケメンですね。
2部のトークショーも面白くて、誘ってくれた友人に感謝です。

そしてそのあと、一緒にイケメン声優を見た友達と、スーパー銭湯の大衆演劇を観に行きました。
人気の劇団らしく、すごい人。ようやく椅子を見つけて座りました。
大衆演劇を観るのは、4回目くらいかな。
お芝居と歌謡ショーの2部構成なんだけど、この芝居がなかなか面白いんですよね。
前の方の席は、ファンの若い女性が多くて驚きました。
きれいだし、ファンサービスも行き届いているし、ファンになるのはわかります。
追っかけるほどはハマらないけれど、機会があったらまた行きたいです。

こうしてイベント続きの2月の前半が過ぎていきました。
イベントが多いとお金も減る減る。
3連休は家でおとなしくしています(コロナも怖いしね)

何だか、自分の覚書みたいな記事になっちゃった(笑)


nice!(6)  コメント(1) 

圧力鍋でカレー [料理]

圧力鍋で、初めてビーフカレーを作りました。

KIMG1442.JPG

ビックリしました。
市販のルーで作ったのに、レストランの本格カレーと大差ない。
すごくおいしかったです。(手前味噌ですが)
たった15分の加圧で、牛肉は信じられないほど柔らかく、玉ねぎはトロトロに。
そのあとジャガイモとニンジンを入れて10分加圧。
それでこんなに美味しくなるなんて、感激です。
ああ、買ってよかった圧力鍋。

KIMG1434.JPG

レイちゃん、来月で1歳です。
もうすぐ子ネコ卒業だね。

今日は天気がいいので、朝からベランダの片づけをしましたが、レイが邪魔をするので3倍時間がかかってしまった。
植木の土をひっくり返したり、段ボールを齧りだしたりね。
もう、可愛いから許す!


nice!(8)  コメント(2) 

読書月間 [本]

前記事に書いた通り、1月はめまいにより、パソコンを控えていました。
そんなわけで、1月は読書に勤しんでおりました。

まず読んだのは、衝撃的なこの本。
『地球星人』村田紗耶香

KIMG1429.JPG

自分を魔法使いだと思い込んでいる少女、奈月。
友達はポハピピンボピア星人の人形。
毎年盆休みに行く祖父母の家で会う、いとこの由宇は宇宙人(と思い込んでいる)で奈月の恋人。
地球を工場と呼び、大人になったら自分たちは出荷され、子孫繁栄のために尽くさなければならないと、本気で思っている。
母親にすべてを否定されて育った奈月は、懸命に地球の一員になろうとするのだが…

いやあ、衝撃でした。
村田紗耶香さんの頭の中を覗いてみたい。
この本に登場する男女は、「コンビニ人間」のふたりをはるかに超えた異常な人です。
ラストは特に衝撃で、???と思わず「こんな結末?」てしばし呆然。
だけど、すごく面白くて、まさに一気読みしました。

それで、続けてこちらも読んでしまいました。
『しろいろの街の、その骨の体温の』村田紗耶香

KIMG1440.JPG

これは、地球星人ほどの衝撃はありませんでしたが、なかなかの問題作です。
どちらかというと目立たない小学生の結佳。
どこか大人びて、空気を読みながら友人関係を続けている。
書道教室で親しくなったクラスメートの伊吹君に、性的な興味を持つ。
小学生から中学生に、成長していく心と体。
スクールカーストの残酷さなども織り交ぜて、少女の感情がすごくリアルに描かれています。
恋とは違う、歪んだ欲望?
読んでてちょっと胸が痛くなりました。
伊吹君が、なかなかに可愛い。すごくいい子。
これも一気読みでした。


もう一冊。これは一気読みは出来なかった。
『夢見る帝国図書館』中島京子

KIMG1441.JPG

わたしは、ある日偶然、個性的な服装の喜和子さんと出会う。
まだ駆け出しの小説家のわたしに、喜和子さんは言った。
「図書館が主人公の小説を書いてよ」
面喰いながらも、わたしと喜和子さんは、年の離れた友達になる。

帝国図書館の歴史と、喜和子さんの人生が交互に描かれて、ワクワクしながら読みました。
図書館の歴史と言っても、すごくわかりやすく描かれていて、小難しいという印象はありません。
樋口一葉や永井荷風といった有名な小説家たちが登場しますが、セリフが現代っぽかったりして面白いです。
喜和子さんが生きた戦後から、時代は平成へ。
彼女が図書館にこだわる理由は?
謎がちりばめられた人生を、私も主人公と一緒にあれこれ考えながら読みました。
読み応えありました。

以上、1月に読んだ印象深い3冊でした。
よかったら読んでみてくださいね。






nice!(6)  コメント(0) 

2月になりました [日記]

1月が終わりました。

お正月が終わって平常に戻ったころ、ひどいめまいに襲われました。
目を覚ましたら、天井がぐるぐる回る。
以前にも同じようなことがあり、耳が原因だったので、今回も耳鼻科に行こうと思ったら休診日。
いったん治まったし、昼間は大丈夫だったので仕事に出かけました。
上を向いたりしない限り大丈夫なので、車の運転も問題なかったです。

しかし夜、ふたたびめまいが。
「今日は、めまいがすごくて」
と言うと、娘が
「気圧のせいか、私も頭が痛い」と言い、姑が
「あたしも足が痛くてフラフラする」とか言い出しました。

いやいや、病気自慢じゃないんだよ。
私が具合悪いと言うなんて、3年に一度くらいのことなのに。

その後、いよいよ悪化して、吐き気がして、その日食べたものをすべて嘔吐。
そこで初めて「そこまでひどいんだ」と気づいたらしい家族に、
「晩ご飯作れないから、そこにあるチキンラーメンを食べてください。玉子落としてお湯淹れるだけなんで」
と言い残して寝ました。

良く寝たせいか翌日には治まり、医者に行ったら「良性頭位めまい症」と言われました。
薬も出ず、2週間ほどで治まるとのことでした。
「根を詰めてパソコンをやるのは控えてください」
と言われて、ああ、このところ、根を詰めてパソコンやってたわ」と気づきました。
それが原因か。

ということで、パソコンは控え、なるべく上を向かないようにして過ごしました。
医者の言う通り、2週間でぴたりと治まりました。
結構きつかったです。

私のめまいが治まったころ、巷は「コロナウイルス」の話で持ち切り。
お年寄りの知り合いが多いので、
「あたしら年寄りは、感染したら死んじゃうから家でじっとしているしかないよ」
と。
マスクは売り切れ、除菌シートを家族分買って持たせたけれど、早く終息してほしいですね。

nice!(6)  コメント(4) 

怒らないこと [日記]

みなさんは、心の中で決めていることってありますか。
私は、「なるべく怒らない」をモットーにしています。

もちろん腹が立ったりイライラすることは多々あります。
特に朝は、目が回るほどの忙しさなのに、手伝ってくれる人は誰もいない。
それどころか、起きない娘を二度三度起こし、パパを起こし、朝食に弁当作り、ごみ捨てなど、やることは多い。
そのうえ、「あれがない」「あれ知らない?」攻撃。
手を止めて探してあげて戻ってくるとネコが「お腹すいた」とニャー。
パパと娘はよく似ていて、忘れ物、失くしものが非常に多い。
そのたび探してあげたり届けたり。

そしてふたりがバタバタと出かけた後に、ようやく姑が起きてきて、信じられないほどゆっくりご飯を食べます。
洗濯干し終えてもまだ食べているから、掃除がなかなかできない。
5:45に起きて9:10に家を出るまで、平日はほぼこんな毎日。
いい加減にして、と思うのですが、怒らないことに決めているので怒りません。

朝は気持ちよく家族を送り出す。
気持ちよく出かける。
娘が小学生のころから、ずっと続けているんだけど、家族はわかっているのかな?

ただね、最近思うんです。
私、家族を甘やかしすぎている?
みんな甘えて、ちゃんとしないのかな。
今度ドカンと怒ってみようかな(笑)

nice!(5)  コメント(4) 

電気代が! [日記]

今年の冬は暖かいですね。
記録的な暖冬だそうです。
去年よりも暖かいはずなのに、我が家の電気代は高騰しています。

オール電化にしてから、電気代の安い23時から7時のあいだに洗濯、炊飯、湯沸かし、オーブン料理、電子レンジなど、節約のために早起きして頑張ってきました。

春から秋は平均8,000円に抑え、冬場も15,000円を超えないように節約してきました。
それがこの冬の電気代の請求を見てビックリ!

過去最高の 2万越え!!
高額だった理由はわかっています。

うちには姑がいて、昼間はひとりで家にいます。
去年までは、自分の部屋でコタツに入っているか布団にもぐって寝ていました。
だけど今年は、ネコがいます。
姑はネコのレイちゃんをひ孫みたいに可愛がっていて、ずっと一緒にリビングで過ごしているんです。
すごく寒がりなので、相当暖かい日でも暖房とファンヒーター、付けっ放し。
それじゃあ電気代もかかるわ。
おまけに灯油もすぐになくなるし、買いに行くのも大変。

だけど「自分の部屋に行ってください」とも言えないし、
「暖房付けるな」なんて、もっと言えない。
まあ、レイちゃんを可愛がってくれるのはありがたいしね。
しかたない。早く春になってくれるのを、ひたすら待ちましょう。

nice!(5)  コメント(4) 

パラサイト 半地下の家族 [映画]

話題の韓国映画「パラサイト 半地下の家族」を観ました。

368576_001.jpg

アパートの半地下で暮らす貧しい家族。
仕事はなく、子供は大学にも行けない。
ある日、長男の友人が、大富豪の娘の家庭教師の話を持ってくる。
大学生になりすまし、豪邸の家庭教師になる長男。
そして嘘と巧みな話術で、妹、父母を豪邸に引き入れる。

家族全員が大富豪に取り入って寄生していく様が見事。
テンポが良くて展開が素晴らしく、どんどん引き込まれました。
光が差し込む豪邸の大きな窓と、半分が道路よりも下の小さな窓。
格差社会を現したそんな対比もよかったです。
だけど決して富裕層を悪く描いてはいません。
むしろ私などは、豪邸の家族に同情しちゃったくらいです。

いろいろな問題を定義しているけれど、暗いばかりではなく、コミカルな場面も割とありました。
衝撃的な映画でしたが、これは本当に面白かったです。
観る価値ありです。

nice!(9)  コメント(2) 

圧力鍋を買いました [日記]

正月休みにアウトレットに行きました。
ティファールで、ずっと気になっていた圧力鍋を買いました。

本当に必要かな、場所取るしな、と躊躇していたのですが、
「ホントに便利だよ。赤飯なんかすぐ炊けるよ」
と、周りの評判がすこぶるいいので買ってみました。

KIMG1418.JPG

半額で、ガラスの蓋まで付いていて、お買い得でした。

KIMG1419.JPG

なぜかレイちゃんが興味津々。
タイマー付きなのですが、タイマーのメロディが鳴るたびに飛んできます。

何度か使って慣れましたが、初めてのときはドキドキでした。
だって説明書に「圧力が下がる前に開けると蓋が飛んで危険です」なんて書いてある。
えええ、爆発したらどうしよう。
「ちょっとパパ、最初だけ蓋開けてよ」
と、パパに蓋を開けさせ、私は遠くに避難しました。
「何が怖いの? どうってことないけど」

ああ、本当に、慣れたら全然大丈夫だった(笑)
野菜が短時間で柔らかくなって、確かにこれは便利です。
ただね、最初に調味料を全部入れるし、過程が見られないので水加減で失敗しそう。
今のところ大丈夫ですが。
三ツ星料理を紹介できる日は来るでしょうか^^


nice!(9)  コメント(4) 

あけましておめでとうございます [日記]

あけましておめでとうございます。
みなさま、お正月はいかがお過ごしでしょうか。

私は、大晦日から熱海へ行きました。
温泉で年越しです。
とは言っても、年寄り二人を連れていくので、そんなにのんびりではなかったです。
まあ、ともかく、父が生きていたころから続けてきた「年越しは家族で」という教えをを、今年も守れた何より良かったです。

KIMG1393.JPG

朝の散歩で、海岸を歩きました。熱海も変わったな。

KIMG1399.JPG

寛一お宮の像(こりゃあ、ひどいDVだな)

そして、熱海の来宮神社へ。

KIMG1405.JPG

ここで、母が歩きたくないとごね始めて、「このくらい歩こうよ」とか「樹齢2千年の木があるよ」とか、「疲れたら誰かに負ぶってもらいなよ。私は無理だけど」とか言いながらなだめて連れて行きました。
こういうことが本当に多くてウンザリだけど、これも仕方ないのかな。

神社で木の写真を撮った時、なぜか私のカメラだけ白いものが写り込みます。

KIMG1407.JPG

第二の楠を撮っても

KIMG1409.JPG

ご神木の大楠の木を取った時も、白いものが写っていますよね。

「これはきっとオーブだよ。どうしよう、何かあるのかな。怖いよね。良い霊ならいいけど、悪霊だったらヤバくない。どうしよう。お祓いした方がいいかな」
オロオロして大騒ぎする私に、娘が一言。
「あのさ、ママのスマホ、フラッシュになってるよ。光が写り込んだだけじゃん」
あああ、フラッシュになってた。
そうか、そういうことか。大騒ぎしたのがバカみたい。
みんなに笑われて、何とも恥ずかしい年明けでした。

行きはひどい渋滞でしたが、帰りはさほどでもなく無事に帰路につきました。
心配だったのは、お留守番のネコのレイちゃん。
カメラ付き自動えさやり器を購入して、旅先から様子を見守りました。
スマホで様子を確認すると、レイちゃん、いたずらもせずに寝てばかり。
どうやら毎日イタズラするのは、人間に構ってほしいから、なのかな。
私たちが帰ったら、さっそく甘えてイタズラ放題でした(笑)
レイちゃん、お留守番ごくろうさま。

翌日、姑が10時になっても起きてこなくて、昨日の疲れが出たにしても、いくら何でも遅くない?具合が悪いのかなと心配しましたが、ようやく起きてきた姑。
「大丈夫ですか? 朝ごはん食べられます? お餅は何個?」
と聞くと、
「餅3個」との答え。
朝から餅3個も食べるんじゃ、何の心配もないわ(笑)

私はこんなバタバタの年明けでしたが、みなさまはいかがでしたか。
2020年、今年もよろしくお願いします。

nice!(7)  コメント(8) 

今年もお世話になりました [日記]

一年って早いなあ~
もう残り一日です。

今年のいいこと、わるいこと、ちょっと振り返ってみます。

<いいこと>
ある童話で大賞をとれたこと。
1月に発売された児童書に、私が書いた話が載ったこと。
ずっと行きたかった四国旅行に行けたこと。
ネコを飼い始めたこと。
娘が就職したこと。

うーん。前半に集中しているな。

<悪いこと>
5年ぶりに車をこすってしまったこと(なぜか5年ごとにやらかす)
パパが車を買って、貯金が凄まじく減ったこと。
スマホとパソコンが壊れて買い替えたこと。

こちらは後半に集中していますね。

まあ、いいことの方が多い一年でした。
来年はもっともっといい年になるといいな。

というわけで、一年間ありがとうございました。
私は温泉で年越しの予定です。
皆様、よいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします。


来年もよろしくお願いします。
nice!(5)  コメント(4) 
前の10件 | -