So-net無料ブログ作成

読書月間 [本]

前記事に書いた通り、1月はめまいにより、パソコンを控えていました。
そんなわけで、1月は読書に勤しんでおりました。

まず読んだのは、衝撃的なこの本。
『地球星人』村田紗耶香

KIMG1429.JPG

自分を魔法使いだと思い込んでいる少女、奈月。
友達はポハピピンボピア星人の人形。
毎年盆休みに行く祖父母の家で会う、いとこの由宇は宇宙人(と思い込んでいる)で奈月の恋人。
地球を工場と呼び、大人になったら自分たちは出荷され、子孫繁栄のために尽くさなければならないと、本気で思っている。
母親にすべてを否定されて育った奈月は、懸命に地球の一員になろうとするのだが…

いやあ、衝撃でした。
村田紗耶香さんの頭の中を覗いてみたい。
この本に登場する男女は、「コンビニ人間」のふたりをはるかに超えた異常な人です。
ラストは特に衝撃で、???と思わず「こんな結末?」てしばし呆然。
だけど、すごく面白くて、まさに一気読みしました。

それで、続けてこちらも読んでしまいました。
『しろいろの街の、その骨の体温の』村田紗耶香

KIMG1440.JPG

これは、地球星人ほどの衝撃はありませんでしたが、なかなかの問題作です。
どちらかというと目立たない小学生の結佳。
どこか大人びて、空気を読みながら友人関係を続けている。
書道教室で親しくなったクラスメートの伊吹君に、性的な興味を持つ。
小学生から中学生に、成長していく心と体。
スクールカーストの残酷さなども織り交ぜて、少女の感情がすごくリアルに描かれています。
恋とは違う、歪んだ欲望?
読んでてちょっと胸が痛くなりました。
伊吹君が、なかなかに可愛い。すごくいい子。
これも一気読みでした。


もう一冊。これは一気読みは出来なかった。
『夢見る帝国図書館』中島京子

KIMG1441.JPG

わたしは、ある日偶然、個性的な服装の喜和子さんと出会う。
まだ駆け出しの小説家のわたしに、喜和子さんは言った。
「図書館が主人公の小説を書いてよ」
面喰いながらも、わたしと喜和子さんは、年の離れた友達になる。

帝国図書館の歴史と、喜和子さんの人生が交互に描かれて、ワクワクしながら読みました。
図書館の歴史と言っても、すごくわかりやすく描かれていて、小難しいという印象はありません。
樋口一葉や永井荷風といった有名な小説家たちが登場しますが、セリフが現代っぽかったりして面白いです。
喜和子さんが生きた戦後から、時代は平成へ。
彼女が図書館にこだわる理由は?
謎がちりばめられた人生を、私も主人公と一緒にあれこれ考えながら読みました。
読み応えありました。

以上、1月に読んだ印象深い3冊でした。
よかったら読んでみてくださいね。






nice!(6)  コメント(0) 

最近読んだ本 [本]

2週間に一度、図書館で本を借りてくるのですが、正直当たりもあれば外れもあります。

今回借りた2冊は、どちらも当たりだったので、ご紹介します。

『メビウス・ファクトリー/三崎亜記』

1477711197182.jpg

妻子を連れて地元に戻ったアルトは、町全体を支配する工場で働き始める。
快適な環境で働くアルトだが、その工場で何が作られているのか誰も知らない。
不可思議な町のしきたりを受け入れながらも、徐々に疑問を持つようになる。
工場の秘密とはいったい…

三崎亜記さんの小説は、どちらかというと短編の方が好きなのですが、これはとても面白かったです。
「お身削り」や「お身被せ」や「お締め上げ」などの独特な作業工程。
不思議な世界を創るのが本当にすごいです。
いったい何を作っているのか、先が気になって一気に読みました。
ただ、章ごとに視点が変わるのですが、同じ一人称なので同人物だと思って途中まで読んでしまいました。あれ?なんか変? 5頁くらい読んだあたりで気づきました。
ボケてるな~(笑)

もう1冊

『本屋さんのダイアナ/柚木麻子』

1477711176994.jpg

ダイアナは、女の子の名前。純粋な日本人。漢字で「大穴」と書く。
この名前が大嫌いなダイアナは、15歳になったら改名しようと決めている。
そんなダイアナが、小学3年生で出会った同級生の彩子。
「ダイアナって素敵な名前。赤毛のアンの親友もダイアナよ」と言ってくれる。
ふたりは親友になる。ずっと仲良しだと思っていたふたりだが…。

私の感性にドンピシャのお話です。
「赤毛のアン」を夢中で読んだ少女の頃を思い出しました。
たくさんの経験を積んで成長していく少女たち。
ダイアナの母親、彩子の母親、まったくタイプが違うふたりの母親も、とても魅力的に描かれていました。
素敵な小説。娘に読ませたいと思いました。
でも私と趣味が違うからな~。読むかな~。

ムーンナイト・ダイバー [本]

久しぶりに、本の紹介を。

『ムーンナイト・ダイバー』 天童荒太

41XQv4preVL._SX343_BO1,204,203,200_.jpg

東日本大震災以降、原発や震災を描いた小説が数多く書かれました。
いくつか読みましたが、取って付けたように原発問題を取り入れている小説もありました。
面白いけどあまり心に響かない。
そんな作品が多い中、この『ムーンナイト・ダイバー』は素晴らしかった。
人の死や、遺族の悲しみを書かせたら、天童荒太の右に出る者はありません。

震災によって汚染された町、大切な人を亡くした遺族たちは、遺体を捜すことも遺品を持ち帰ることもできない。
そこで、海の底に沈んだ遺品なら、持ち出せると考えた男がいた。
危険なうえに非合法な潜水を行うのは、ダイバーの舟作。
彼も震災で兄を亡くしていた。
大切な家族を亡くした苦しみ。生き残った者の苦しみ。
悲しくて、優しい物語です。

天童荒太の小説を読み度思うのですが、重いテーマを題材にしているのに、読後感がいい。
読み終わったあとに、静かな感動が胸に残ります。
またひとつ、好きな小説が増えました。


その手をにぎりたい [本]

最近はまっている柚木麻子さんの小説 「その手をにぎりたい」

h.jpg

バブル期を生きる女性のお話です。
1983年、会社を辞めて田舎に帰ることを決めた青子は、最後だからと社長に連れられ、初めて老舗の寿司屋に行く。
寿司の味と、寿司を握る職人さんの手に惚れこんでしまった青子は、東京に残ることを決める。
バブル期の不動産会社に転職し、バリバリのキャリアウーマンへと変貌していく。

バブルの中心で颯爽と生きる一方で、寿司職人への淡い恋心を捨てきれない。
読み終わった後、切ない気持ちが胸にじーんときました。

ところで、バブル期って一体なんだったんだろう。
もちろん私もその時代を経験しましたが、全くと言っていいほど恩恵は受けていません。
たしかに雇用はたくさんあったし、物の値段は高かった。
だけど私は贅沢もせず普通に暮らしていましたね。
都会じゃなかったからかしら。


お弁当(おまけ)

b.jpg

豆ご飯を作りました。

最近読んだ本 [本]

最近読んだおすすめ本です。

『ランチのアッコちゃん』(柚木麻子)

hon2.jpg

アッコちゃんって可愛い女の子が出てくるのかと思いきや…
アッコちゃんは40代独身の女部長。仕事が出来て厳しい人。
一方三智子さんは、20代の派遣社員。彼氏にフラれたばかり。
ひょんなことから三智子さんは、アッコ部長とランチの交換をすることになる。
三智子さんのお弁当をアッコさんが食べ、三智子さんはアッコさんの指示通りのランチを食べる。
それは三智子さんにとって、刺激的な一週間になる。

とても元気が出る本です。
アッコさんのカッコ良さにほれぼれしちゃいます。
ちょっと考え方を変えれば前向きになれるんだな。
人間関係などに悩んでいる方、ぜひお勧めです。
続編「3時のアッコちゃん」も出ています。ドラマ化もされるらしいですよ。

そしてもう一冊

『有頂天家族 二代目の帰朝』(森見登美彦)

hon.jpg

アニメ化もされて大評判の前作に続く第2部。
人間と狸と天狗が共存する京都が舞台。
主人公は狸の下鴨矢三郎(下鴨家の三男)。
矢三郎が師と仰ぐ天狗の赤玉先生の二代目がイギリスから帰ってくるところから、この話は始まる。
二代目、けっこういいキャラ。
読みだしたら止まらない。とにかくすごく面白い。
またアニメ化されるかな。
三部作で、続編が出ることが決まっているらしい。
どっぷりと、森見ワールドに浸れる一冊です。


おまけ
お弁当です。

be.jpg

そろそろ暑くなってきたから、お弁当にも気を使いますね。


正義のセ [本]

最近ちょっとはまっている本を紹介します。

『正義のセ/阿川佐和子』

131108_1858~01.jpg

正義感が人いちばん強い、豆腐屋の娘・凛々子。
念願の検事になったが道は厳しく、失敗の連続。
恋人にふられたりしながらも、家族や仲間に支えられて成長していく物語。

検事という堅い職業を描いているのに、すごく読みやすい。
家族や登場人物もわかりやすい。
まるで朝ドラを小説で読んでいるみたい。
続きが楽しみで仕方ありません。
明日3巻借りてこよう^^

色彩を持たない…覚えられない~ [本]

村上春樹の新刊

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

DSCF0388.JPG

話題になってますね。
本屋で売り切れ続出とか…。

私はもちろん買いました。
発売日には残業で買いに行けなくて、翌日買いに行きました。
まだ途中までしか読んでいませんが、期待通り面白いです。

読書は大好きですが、本はめったに買いません。
だいたい図書館で借ります。
村上さんの本は買います。
この調子だと、図書館で借りるのは数か月先になりそうだしね^^
今回は、色んな公募でもらった図書カードを利用して買いました。
また公募に励もう^^

さあ、続きを読もう!

読書ノート [本]

読書の秋がやってきました。
とはいえ、まだまだ暑いですね。

最近読んだ本を紹介します。

『パズル・パレス』 ダン・ブラウン
120906_1230~01.jpg

この本、ダン・ブラウンのデビュー作なんですね。
「ダヴィンチコード」や「天使と悪魔」は、面白かったけど宗教色が強くて難しかったけど、こちらのテーマは暗号解析。

主人公は、アメリカのNSAの暗号解析員スーザン。
NSAとは、テロリストなどの暗号を解析して、犯行を未然に防ぐ機関らしい(本当にあるらしい)
そこに、、解読不可能な暗号ソフトを作った男、エンセイ・タンカドが脅迫してくる。
目的は、地球上の全通信を傍受・解読できるスーパーコンピュータ「トランスレータ」の存在を公表すること。
しかし、タンカドはパスワードを書いた指輪を残し、死んでしまう。
その指輪を探してスペインに飛んだのは、スーザンの恋人で大学教授のデビッド・ベッカーだった。

ドキドキハラハラで面白かったです。
後半は、映画のクライマックスシーンを見ているようでした。
上下巻で読みごたえたっぷりですが、あっという間に読んでしまいました。

この本に2人の日本人が出てくるのですが、名前が「エンセイ・タンカド」と「トクゲン・ヌマタカ」
ヌマタカは沼高さん?じゃあタンカドは単加土さん?
タンカドは、広島の原爆で障害者になったという設定なので、あえていないような名前にしたのか?
それとも日本の名前がわからなかったのか?どっちかな?

『紙の月』 角田光代
120914_1834~01.jpg

8日目の蝉を読んでから、角田さんにどっぷりはまっている私です。

これは、銀行から1億円を横領した契約社員、梨花の話。
梨花が、犯行に手を染めるまでの過程を読んで「わかる」と思ってしまった。
普通の女だ。ようするに、私のような普通の人も、犯罪を犯す可能性がないとは言えない、ということ。

きっかけは小さなことだ。
年下の恋人が出来たりするが、きっときっかけはそれじゃない。
梨花は仕事の合間にデパートの化粧品売り場に立ち寄る。
高級な化粧品を勧められるままに購入。しかし財布にはお金があまり入っていなかった。
梨花は「すぐに返せばいい」と、顧客から預かった金に手を付ける。

そう、きっかけってそういう物だと思う。
“ちょっと”がエスカレートして、手におえないほどになっていくのだ。

逃げ続ける梨花。
このまま逃げ続けたいのか、それとも誰かに暴いてほしいのか。
女の幸せって何なのだろう…。
面白いです。気になった方はぜひ読んでみてください。

ナミヤ雑貨店の奇蹟/東野圭吾 [本]

最近は暑すぎて、本を読む気になれずにいました。
だけどこの本は、一気に読んでしまいました。
やっぱり東野圭吾は面白いですね。

120827_1249~01.jpg

強盗をして逃走中の3人の若者が、あばら家を見つけて朝まで身を隠すことにした。
そのあばら家は、「ナミヤ雑貨店」。もう誰も住んでいない。
誰もいないはずなのに、突然郵便受けに手紙が投函される。
それは、深刻な悩み相談の手紙だった。
ナミヤ雑貨店が、悩み相談の場として有名だったのは、40年も前の話。
そして、投函された手紙も、40年前の物だったのである。
とりあえず悩み事の返事を書く若者たち。
過去と現在との往復書簡が始まる。
そして、そのやりとりが過去の人たちの人生を変えていく。

若者たちは、最初過去からの手紙と知らず、「ケイタイを使えば」などと返事をしたりします。
色んな登場人物が、ナミヤ雑貨店に影響されていきますが、みんながどこかで繋がっているんです。
ナミヤ雑貨店と3人の若者を繋ぐものは何でしょう。
見になる方は読んでみてくださいね。

歪笑小説(東野圭吾) [本]

久々に、本の紹介です。

『歪笑小説』(わいしょうしょうせつ) 東野圭吾

120427_1524~01.jpg

出版社を舞台に繰り広げられる、何とも愉快な人間模様。
とにかく、すごく面白かったです。

作家のご機嫌をとる編集者。
映画化の話に振り回される作家。
文学賞で最終候補に残った男の話。

中でも私がいちばん面白かったのは、出版社に職場見学に来た中学生と新人編集者とのやりとり。
これは笑いました。
本を読んで(マンガ以外)声を出して笑うのはめずらしい。

短編集ですが、登場人物は繋がっています。
読みやすくて笑えます。
東野圭吾はミステリーばかりでなく、こういう「〇笑小説」シリーズもメチャメチャ面白いですよ。
ぜひ読んでみてください。

続けて読んだ
『マスカレードホテル』も面白かったです。

こちらはミステリー。
殺人事件が起こると推定されたホテルに、フロントマンとして潜入する刑事。
さまざまなホテルの客に、いろいろなドラマがある。

こちらも読みやすい本格ミステリー。
いつか映像化されるんだろうな…と思います。

****

お弁当

DSCF1071.JPG

サンドイッチ弁当

DSCF1069.JPG

から揚げ弁当